• 屋号の由来

    創業二百三十年

    鈴木喜惣右衛門

    宮大工の棟梁で、泉区七北田の山寺(山形の山寺は石山寺といい、ここは砂山寺の別名で呼ばれる)や、慶応三年の塩釜大火で焼ける前の松巌山東園寺などを建てた人で、伊達藩に名字帯刀を許されて鈴木の姓を拝命した。
    二代目喜惣右衛門の妻女が、片手間に茶店をはじめた。天明四年(西暦1785年)
    やがて塩釜神社にも茶店を出すようになり、いつの間にか副業の方が有名になってしまった。

    おさんこ

    店を継いだ十五歳の娘の名が“さん”といい、小柄であどけない美人で、振袖に肩揚げをした花嫁姿が評判になった。この人の名から“おさん茶屋”と呼ばれるようになったが、さらにこれに東北弁特有の“こ”の字がくっついて“おさんこ茶屋”で通るようになった。
  • 当店の人気商品をご紹介します。

    元祖 五色だんご

    づんだ・あんこ・くるみ・ごま・しょうゆ
    竈で炊き上げたお米からつくるだんご。
    五色の餡でつつみます。

    塩竈おはぎ

    塩釜高校とコラボレーション
    白餡ベースのおはぎに藻塩キャラメル。
    藻塩づんだおはぎ

    藻塩しるこ

    モッフル付き
    藻塩をつかった塩味の利いたお汁粉に、モッフル(餅をワッフル状に焼いたもの)を浸して食べる新食感お汁粉

    六色だんご折詰

    季節限定
    4月~5月は桜あん、9月~10月は栗あん、
    12月~1月は酒粕あん
  • 竈でお米を炊き上げる

    竈爺

    野蒜石を組んで銅で葺いている竈

    昔ながらの伝統製法
  • 新着情報

    最新の情報をお届けします!

  • 店主が宮城県知事をご案内

  • お問い合わせ

    ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

  • 今月の営業日

    不定休

  • 目に見える結果でお応えします。

    塩竈の商人=「竈人(がまんど)」たちが塩竈の四季折々、旬の魅力を発信!商店のおトクな情報や、竈人ならではの商いのヒミツなど、顔の見える情報をお届けします。

    リーチ数3K越え!!

    塩竈を彩る個性豊かな個店の魅力を伝えるために、塩竈の商人たちが集まりました。これからどんどん情報を充実させていきますので、よろしくお願いします!

    まちゼミ

All Posts
×